01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2010.04.07 (Wed)

【ジャン】ガード崩しからの壁連携

前回の記事で七曜(46P+Kガード時PPKPヒット時K)の弱点を曝してしまったので、
今回はちょっとした長所を一つ。

壁際で七曜を決めた場合、相手が途中で壁にぶつかることがある。
この場合、もちろんそのまま七曜を最後まで決めてもいいんだけど、
壁との角度によってはあえて途中で止めて、側面ガード不能連携を狙うこともできる。
上手くいけば90超のダメージを奪えることも。
スポンサーサイト
ジャン  |  コメント(3)

2010.04.06 (Tue)

【ジャン】七曜(46P+K~)の弱点

ジャンの上段ガード崩し技・七曜(46P+Kガード時PPKPヒット時K)の三段目がスカった場合
相手は四段目を避けたり当身したりできることを確認。

どうやら足位置ハの字かつ遠い間合いで七曜を狙うとスカりやすいっぽい。
リーチの長さが売りだっただけに、これは痛い・・・
ジャン  |  コメント(2)

2010.03.07 (Sun)

【ジャン】続・塚本式(側面66Pループ)考

前回の記事:http://vf5r.blog17.fc2.com/blog-entry-862.html

最近の実戦で

 1K+G(側面壁やられ)→66P(側面NH)→(1F消費)6P+K(腹崩れ)

が二回ほど成功。
やっぱり使えるね、コレ。
まぁ、その後のコンボはことごとくミスったが・・・orz

以下、前回の記事の訂正とちょっとした小ネタ。
ジャン  |  コメント(7)

2010.02.25 (Thu)

【ジャン】塚本式(側面66Pループ)考

さっそく試してみた。
ジャン  |  コメント(8)

2010.02.24 (Wed)

【ジャン】塚本式(ハメ?)

■「それってど→なの?」 http://ameblo.jp/koedo-blog/entry-10466804059.html

これはヤバイ・・・

おそらく逆正拳突き(66P)の特殊崩れ効果が解除されて通常状態に戻る際に、
側面の「ガードor避け不能状態」が3F発生するってことだと思う。
だから最速で打撃を打ってもガード(側面)されるけど、目押しだと確定する瞬間がある、と。

確かに3Fも猶予があれば、逆正拳を延々をヒットさせ続けることは可能かもしれない。
対アキラ戦で大纒崩捶(46P+G)を抜けた瞬間に勝ち確定・・・みたいな。
ただ相手が特殊崩れ中にダッシュコマンドを先行入力すれば正面ヒットになるはずなので、
永久ループは一応回避できるかも。

今後、巷でOM~66P連携を多用するジャン使いが増えそうな予感。
ジャン  |  コメント(4)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。