06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2008.07.26 (Sat)

【アイリーン】既存技の変更点

本当はアイリーンの新技をちょこっと調べて新キャラに移るつもりだったんだけど、
主力技もいろいろとフレーム変わってるらしいので引き続き調べることにした。

■P
発生11F、ダメージ9、NH=+6F。
「超法規的大関」によればアキラ、サラ、パイも発生11Fらしいので
重量級以外は全キャラ立ちP発生11Fで統一?
試合中に何度もヒットさせる技なので、ダメージ低下も地味に痛い。

■PPP
ダメージが10+10+12=32から9+9+9=27に。
ちなみにPKは9+20=29

■3P
発生15F、NH=+1F。
カウンターヒットで236Kや214Pが繋がるので、二択技としては6P+Kとほぼ同じ感覚で使える。
リーチはちょっと短いけど、ノーマルヒットで有利というのは長所。
3P236P+KKの割り込み猶予フレームが気になる。

■6P
ノーマルヒット時+1F。

■2K
ノーマルヒット時-5F、カウンターヒット時+1F。
ノーマルヒット時の硬化差は下Pガードと同じなので、2_3P+Kでいろいろスカせるかも。
スポンサーサイト
アイリーン  |  コメント(0)

2008.07.26 (Sat)

【アイリーン】新技の発生など

2Kの発生を16Fと仮定すると

 44P 発生15F、NH=+4F
 4P+K 発生17F、NH=+2F
 4P+KK NH=±0F
 43P+K 発生18F、NH=+5F
 214K+G 発生18F
 236K+G 発生25F
 4K+G 発生15F
 4K+GK NH=±0F

43P+Kがノーマルでも5F有利という以外は、大体予想通りの数値。
それより驚いたのは

 3K 発生16F、NH=+1F

ミドルキックが他キャラ並みの速さに!
中間距離で頼れる技が少ないアイリーンにとってはグッドニュース。
あとモーション的に攻撃判定直前に下段をスカす性能があるっぽい。
(VF5でもあったらしいが、3Kを接近戦で使う機会が無かったのでよく分からない)
もしかしたら3F以下の有利でも下Pに勝てたりするのかも。
アイリーン  |  コメント(0)

2008.07.26 (Sat)

【システム】避け、投げスカリのフレーム

調べたキャラはアイリーン。
方法は失敗避けの調査方法を例に挙げると
(1)2Kを2回続けて相手にヒットさせ、1回目と2回目の間隔を
 ダメージエフェクトを基準に調べる(42F=2Kの全体F)
(2)2K~失敗避け~2Kで同じように間隔を調べ、(1)の数値(42F)を引く。

■失敗避け
全体で25F。VF5よりも3F隙が増えた。
有利側に様子見されるとかなりキツイ。
投げスカリにPKを入れられるレベルの反応速度を持っていれば
失敗避けモーションを見て0F投げを入れることも可能。

■失敗避けキャンセル
11Fで変わらず。
失敗避けモーションが伸びているので、遅らせ避けキャン0F投げが
狙いやすくなった。

■OM
全体で22F。派生技が無くなった代わりに5Fも短くなった。
OMからのミドルキック(発生16F)を下Pで止めるには
OMのモーションが出てから27F以内に入力しないとダメ。
難易度はまたもや投げスカリにPKを入れるのと同じくらい。

■OMキャンセル
少なくともしゃがみダッシュでキャンセルすることは不可能。

■投げスカり
VF5と同じく36F。


~おまけ~
■打撃側面ヒット時の硬化差
ダメージエフェクトから推測する限り、どうやら単純に正面ヒット時の硬化差+3Fらしい。
システム  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。