07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2008.12.17 (Wed)

【システム】背向け~G振り向きに関する特殊な現象

背向け状態からGで振り向く場合、

・振り向きモーション=12F
・1~5F目がガード不能

というのは以前このブログに書いた。

■「背向け状態とガード振り向きについて」(2008-08-05)
 http://vf5r.blog17.fc2.com/blog-entry-68.html

■「ガード振り向き再調査の結果」(2008-08-13)
 http://vf5r.blog17.fc2.com/blog-entry-77.html

しかしパイの64P+G後などの特定の状況では、本来G振り向きでガード可能なはずの打撃技が
ガード不能になるという現象が起こるらしい。

■「マスオパイのメモ」
 http://mpainomemo.exblog.jp/9049973/

この現象について清酒大関氏は、「めくり」が発生しているのではないかと推測している。

■「超法規的大関」
 http://blog.livedoor.jp/jpsohzeki/archives/50640436.html

実は管理人も以前パイのフレームを調べたときにこの現象に出会っていたんだけど、
華麗にスルーしてしまった。
でも「VF5Rノート」のパイのフレーム表に64P+Gが「+11F?」と自信なさげ書いてあるから
ちょっと違和感は感じてたっぽいけど(あとで+9Fに訂正しときます)。
とりあえず今後背向け関連のフレームを調べるときには、この現象を頭に入れとく必要があるな・・・
システム  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/272-054e7c6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。