10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2008.07.26 (Sat)

【システム】避け、投げスカリのフレーム

調べたキャラはアイリーン。
方法は失敗避けの調査方法を例に挙げると
(1)2Kを2回続けて相手にヒットさせ、1回目と2回目の間隔を
 ダメージエフェクトを基準に調べる(42F=2Kの全体F)
(2)2K~失敗避け~2Kで同じように間隔を調べ、(1)の数値(42F)を引く。

■失敗避け
全体で25F。VF5よりも3F隙が増えた。
有利側に様子見されるとかなりキツイ。
投げスカリにPKを入れられるレベルの反応速度を持っていれば
失敗避けモーションを見て0F投げを入れることも可能。

■失敗避けキャンセル
11Fで変わらず。
失敗避けモーションが伸びているので、遅らせ避けキャン0F投げが
狙いやすくなった。

■OM
全体で22F。派生技が無くなった代わりに5Fも短くなった。
OMからのミドルキック(発生16F)を下Pで止めるには
OMのモーションが出てから27F以内に入力しないとダメ。
難易度はまたもや投げスカリにPKを入れるのと同じくらい。

■OMキャンセル
少なくともしゃがみダッシュでキャンセルすることは不可能。

■投げスカり
VF5と同じく36F。


~おまけ~
■打撃側面ヒット時の硬化差
ダメージエフェクトから推測する限り、どうやら単純に正面ヒット時の硬化差+3Fらしい。
システム  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/28-d3afe3b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。