08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2008.08.01 (Fri)

【システム】肘よろけ、ミドルよろけ

VF5Rでよろけ回復がしやすくなったという噂があるので調べてみたけど、
少なくとも肘よろけとミドルよろけに関しては変わっていないようだ。

■肘よろけ(緑レバー表示22F→赤レバー表示16F)
同じ肘よろけでもよろけ誘発技によって硬化差は違うけど、6Pのコマンドで出る
標準的な肘の場合、硬化差最大で17Fになる(17Fの中段で浮く)。

ただしこれは相手がまったく回復せず、しかもガードすらしていなかった場合の硬化差で、
ガードさえしていれば回復しなくても硬化差は14Fに縮まる(ちなみにガード以外のボタンも
同時に押しっぱなしにしていた場合は、硬化差は縮まらないので注意)。
実際にはよろけた直後にレバーとボタンから手を離すプレイヤーはあまりいないので、
硬化差は実質14F以下と考えた方がいい(上の赤レバー表示のフレームは、
相手がガードボタンだけ押したままにしていたときの数値)。

1/60sec.によれば、赤レバー表示中のレバーorボタン入力1回あたり、
3Fよろけ回復できる。
赤レバーが表示されてから7F以内に3回レバーorボタン入力をすれば、
硬化差を5Fまで縮めることができる計算になる。
しかしVF5のときによろけ回復の上手さに定評があるN君に協力してもらって調べたところ、
彼でさえ2回入力する(硬化差を8Fに縮める)のがやっとだった。
ジャストのタイミングで重ねられたダッシュ0F投げを回復→しゃがみで回避するのは、
相当難しいと思われる。

■ミドルよろけ(緑レバー26F→赤レバー19F)
標準的なミドルキックの場合、無回復&ガード時の硬化差は大体17~19Fくらい
(キャラによって微妙に違う)。
肘よりも硬化差は大きいけど、間合いが遠い場合は立ちPが届かないことがあるし、
ダッシュ投げもしゃがまれやすい。
また、カウンターヒット時は別の選択肢を用意しなくてはならないので、
ヒット確認が重要になる。
システム  |  コメント(3)

Comment

VF初心者なんですが…

今日からVF5Rをし始めたんですけど(格闘
ゲーム自体初心者)基本的に、どんな事を
すれば上手くなりますか?

技表見ながら頑張ってるんですが…いまいち分かりません。

キャラはジャンをつかってます

ミシマル |  2008.08.01(金) 15:04 | URL |  【編集】

あまり教えるのが上手いほうではないですが・・・

(1)膝(6K)からのコンボを練習する
 CPU相手に練習してください。
 6K→P→4KKPが基本コンボです。

(2)投げを練習する
 いろいろな投げをとっさに出せるようにしてください。

(3)二択をかける
 実戦ではいきなり膝や投げを狙ってもなかなか決まらないので、
 有利な状況を作ってから膝と投げの二択を仕掛けるのが基本です。
 例えば
 ・肘や下Pがカウンターヒットした後
 ・相手の技をガード、もしくは避けた後
 などです。
 また、ジャンは66Pという強力な技があり、この技が当たった後は
 膝と下段(2KK)の二択をかけることができます。

防御に関してもいろいろ覚えることはありますが、最初は
・相手が打撃を出すと思ったらガードか避け
・投げを出すと思ったら下P
でOKです。

最初は対人戦ではなかなか勝てないと思いますが、
練習すればするほど確実に上手くなれるゲームなので
がんばってください。
管理人 |  2008.08.01(金) 18:32 | URL |  【編集】

てか、ブログの内容と違うコメしてすいません。

教え方下手と言ってましたが、十分分かりやすくてよかったです

頑張ります!!
ミシマル |  2008.08.01(金) 18:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/45-a4601b0e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。