03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2009.05.29 (Fri)

【アイリーン】猴子跳澗(236P)と前空翻落腿(236P+KK)

VERSION Bの236Pガードさせて+3F(VERSION Aでは-7F?)
下Pを出す相手には3P(CH)~キャンセル236KKKが決まる。

ヒット時は受け身不能のダウンになり、6Kなどで追撃可。
発生は30Fで変わらず。


じゃあ236P+KK(実質発生32F)はもう用無しか?といえば、実はそうでもない。

〔続きを読む〕

 
236P+KKは「前方宙返りのモーション20F+踵落としの発生12F」なので、
大抵の場合相手が最速で避けようとすると失敗避けになり、236P+KKがヒットする
という利点がある(もし避けられたとしても不利は15F以下)。
カウンターヒット時のリターンが大きいのも魅力。


それぞれ一長一短があるので、どちらを使うかはプレイヤーの好みの問題だと思うけど、

 キャンセル214Pとの組み合わせで使うなら236P
 キャンセル236P+KP+Gとの組み合わせで使うなら236P+KK


がいいと思う。

個人的にはせっかく強化してもらった技なので、236Pをメインにしたい。
アイリーン  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/511-b1f90d9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。