09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2008.08.05 (Tue)

【システム】背向け状態とガード振り向きについて

■ガード振り向き
※アイリーンの6P+G成立時の硬化差を+11Fとした場合
・1~5F目はガード不能(発生11FのPと発生16Fまでの中段・下段が確定)
・1~3F目は背向け状態(発生14Fの肘が背後ヒット)
・4~5F目は横向き状態(発生15Fの3P、発生16Fのミドルが側面ヒット) →3P236KKKが連続ヒット
・6F目以降はガード可能(発生17Fの1Pが側面ガード)
・6~10F目?も横向き状態(実質発生20Fの66Pが側面ガード)

■背向け状態で打撃技を喰らった場合
・背向け状態に打撃技がヒットすると、側面ヒットと同じように硬化差が増える?
 (ガードできないだけで、屈伸可能かもしれない)

 <例>(相手が何も入力していない場合)
 6P+G6→P(背後ノーマルヒット)・・・+7F? ※ヒット後は正面向き
 6P+G6→6P(背後ノーマルヒット)・・・+3F? ※ヒット後は正面向き

硬化差が増えると言い切れないのは3P236Kが3P背後ヒット時に連続ヒットしないため
(CPU戦で236Kがしゃがまれることがある)。
3P236Kは3P側面ヒット時なら連続ヒットするので、背後ヒット時も側面ヒット時と同じように
硬化差が増えるなら連続ヒットしてもいいはず。

・VF5では背向け状態に立ちPなどがヒットした場合、ヒット後も背向け状態のままだったが、
 Rでは喰らいモーション中に振り向いて正面向きに戻る
・喰らいモーション中の振り向きはかなり速いらしく、Pが背後ヒットしてもPPを喰らう時点で
 既に正面向きになっている
・とはいっても背向け状態に技を喰らうと必ず正面向きになるわけではないらしい
 (例えばアイリーンの43P+Kは背後ヒットしても背向け状態のまま)
システム  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/68-eecf7bbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。