03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2009.09.06 (Sun)

【システム】最速つかみ投げの重要性

基礎的なフレーム知識なんだけど、意外と知らないプレイヤーが多い事実の一つ。

 有利な状況で最速つかみ投げを狙った場合、相手の下P暴れは必ず硬化CHになる

これは立ちP暴れでもほぼ同じ(1F有利で相手が発生11Fの立ちPで暴れた場合のみCH)。

〔続きを読む〕

 
最速つかみ投げは7F以上の有利で特に重要な選択肢。
ダッシュ~0F投げと比べて次のような利点がある。

 ・絶対にしゃがまれない
 ・つかみ投げ非相殺以外での逆二択を喰らわない
 ・下Pなどで暴れられても硬化CHで済む

つまり7F以上の有利で最速つかみ投げを狙った場合、
その後の展開は次の四つにほぼ限定されることになる。

 (1)投げが成立する→投げが決まるor抜けられる
 (2)投げ相殺が起こる
 (3)つかみ投げ非相殺技で逆二択を喰らう(大抵はダウン)
 (4)下Pを喰らう

この内、素早い対応が必要なのは(4)のみ。
つまりつかみ投げを入力した時点で下Pを喰らうの心の準備をしておくと
余裕を持って対応できる。
システム  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/695-84e71aa8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。