09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2009.09.16 (Wed)

【ジェフリー】スレットスタンス移行時の硬化差

P6P、2_3P、4P、P+Kからスレットスタンスに移行した場合の硬化差を調べてみた。

 

〔続きを読む〕

 
【スレットスタンス移行時の硬化差】
 P6P・・・G=-4F/NH=+4F/CH=+9F
 2_3P・・・G=-4F/NH=+1F/CH=よろけ
 4P・・・G=-2F/NH=+1F/CH=+5F
 P+K・・・G=-2F/NH=+1F/CH=+8F


ちなみにスレットスタンス中の技は

 P・・・発生18F、上段全回転、ダメージ18
 6P・・・発生20F、上段直線、ダメージ15
 K・・・発生13F、中段直線、ダメージ20
 P+K・・・発生29F、中段直線、ダメージ25


【スレットスタンス対策】
スレットスタンス移行技をガードした場合は、
肘クラスの技で(スレットスタンス中)Kに割り込める
(P6P、2_3P~スレットスタンスは膝クラスでも可)。

下Pだとスレットスタンスのモーションでスカされやすいので、
出来れば立ちPや肘で割り込みたいところ。
でもいずれの技も派生技がある上に展開も速いので実戦的には難しい。

ノーマルヒット時やガード時に反応が遅れた場合は、
避けキャンセルしゃがみダッシュが最も手堅い選択肢
ただし遅らせで(スレットスタンス中)P+Kを出されると厳しい。

またノーマルヒット時は膝クラスの技での暴れという選択肢もある
ダメージ19以上の技なら(スレットスタンス中)K以外の全ての行動に勝てる。

尚、発生11Fの立ちPを持つキャラは、P6P以外の移行技ならノーマルヒットでも
(スレットスタンス中)Kに割り込める。
ジェフリー  |  コメント(2)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.09.17(木) 21:57 |  |  【編集】

御指摘ありがとうございます。
訂正しました。
レタス |  2009.09.18(金) 00:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/709-85a7786e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。