03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2010.02.03 (Wed)

【対ベネッサ】局面戦術まとめ(ディフェンシブ)

対ベネッサ戦(ディフェンシブ)で重要な局面とその対策をまとめてみた。

〔続きを読む〕

 


【パーリングコンビネーション(46KP)ノーマルヒット時】
ベネッサ側が7F有利。
つい屈伸したくなる局面だけど、最速のつかみ投げを無条件で喰らってしまう。

基本は避け投げ抜けと逆二択。
ディフェンシブの二択打撃(66PP、2_3P、6Kなど)はカウンターで喰らっても
それほど痛くないので、逆二択多めでもいいかも。


【スティンガーローブロー(1P+K)ガード時】
ベネッサ側が1F不利。
つい二択をかけたくなる局面だけど、標準的な肘では
発生13Fのクラッシュジョー(2_5P)に負けてしまう(※)。

下Pでカウンターを取るか、バックダッシュでスカ確を狙うのが吉。

※アキラの裡門頂肘(66P)やウルフのスクリューフック(63214P)ならダメージで勝てる


【オフェンシブムーブ】
下段→上段のストッピングロー~スイッチバックブロー(2KP+K+G)が主な狙い。
裏の選択肢はカットインニーキック(6K)、スイッチレフトスライサー(KK※)など。

オフェンシブムーブに反応して避け投げ抜けがベストか。
2KP+K+G、KKは基本的に出し切りなので、二発目をしゃがんで反撃。

※KKは一発目をガードすると二発目が何故かしゃがめない(しゃがもうとすると
 喰らってしまう)ので注意
対ベネッサ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://vf5r.blog17.fc2.com/tb.php/850-153f168e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。